研磨装置 product

研磨装置

研磨プログラム作成(ティーチングサービス) 及び 各種システム提案

◆品質の向上、生産体制のフレキシビリティの構築等の企画提案

◆材料選定・品質評価

研磨材料の品質評価とデータベース化による材料選定の最適提案

◆研磨プログラムのアウトソーシング

サンプル部品を実際に研磨することにより、合理化(装置化)のメリットを、「品質」・「コストメリット」・「生産体制」など具体的な項目で評価、提案いたします。

研磨実証評価の流れ

STEP1 予備実証 ◆手研磨による装置化構想、サンプル作成 → STEP2 仮実証 ◆デモ機による装置化の事前確認 → STEP3 装置製作・導入 ◆装置製作および導入前の品質確認研磨実証実験の様子

SOKEN SKET SYSTEM


SOKEN SKET SYSTEM3機種

◆特徴

  • 機械化、自動化による職人(外注)依存から完全内製化
    (少子高齢化・職人不足対策・素人化)
  • 研磨の3kイメージを破るクリーンデザイン構造
  • コンパクト軽量化研磨ヘッドでありながらロングライフ研磨
  • 多様なワーク形状に対応する豊富なバリエーション
    (変種変量・少量多品種生産対応)
  • ワーク変更に対し簡単な研磨ヘッドなどの交換システム


◆タイプ

  サイズ
Sタイプ(SK1000-SH) 1000×1000×1875 300kg
Wタイプ(SK1000-WH) 1350×1000×1875 380kg
Lタイプ(SK1000-LH) 1500×1350×1875 500kg

研磨素材寸法(最大) 250mm~700mm
(装置タイプ・研磨素材による)

◆導入事例

・自動車関連部品
・建築関連(住宅金物)
・二輪

・装飾品
・スポーツ用品
・産業機器部品

自動車関連パーツ

建築関連パーツ


◆研磨ヘッド/アタッチメント


縦型ヘッド   水平型ヘッド   ディスク型ヘッド
縦型ヘッド 水平型ヘッド ディスク型ヘッド
    ・標準コンタクトホイル
    ・プラテンコンタクトホイル
    ・フリーベルト
    ・突き出しコンタクトホイル
    ・大径コンタクトホイル(φ50)
    ・標準コンタクトホイル
    ・大径コンタクトホイル
    (φ250)
    ・突き出しコンタクトホイル
    ・φ250
    ・φ150
    ・突き出しコンタクトホイル

ベルト研磨機


タイプ:BS-10A タイプ:SK-103H
BS-10A SK-103H

◆用途

  • 金属・樹脂材料のバリ取り・塗装後の傷修正等
  • 様々な研磨・研削作業



◆特徴

  • 従来の砥石、鉄バフ等を用いた砥削・バリ取りと比較し恐怖感が無く安全に作業できます。
  • 従来のベルト研磨機と比較し形状を損なわず、素人でも容易に作業できます。
  • 取り換えが簡単・容易の為、多品種小ロットへの対応が出来ます。
  • コンパクトな設計(研磨機)でインライン化やレイアウト変更等が簡単に出来ます。


創研工業株式会社
Copyright © Soken All Rights Reserved.